潜在的な骨粗鬆症患者様の、受診率向上が期待できる骨粗鬆症対策を検討する必要があります。

follow me on twittter

twitterでフォローして下さい。

顎骨BMDを一般歯科臨床にて客観的に評価するのソフトウェア誕生

  • レントゲン写真で測定 補正と正規化処理による輝度値で評価する。

    複数枚のレントゲン画像から被験者の治療経過を評価。短時間に多人数の骨粗鬆症のスクリーニングが可能です。

  • 顎骨BMDを一般歯科臨床で客観的に評価

    Bone rightは、顎骨BMDを一般歯科臨床にてデジタルで客観的に評価できるソフトウェアです。

  • 骨粗鬆症患者の口腔管理 歯科医療・技工経済への貢献

    歯科、大学病院で導入することで加速度的に増加する骨粗鬆症患者の口腔管理を歯科医が担うことが期待できます。

ボーンライト導入セミナーについてはコチラ